So-net無料ブログ作成

出血を一瞬で止めるメディ・ジェルがすごい! [健康]

米ニューヨーク大学の学生さんが一瞬にして出血を止めるジェル「Veti-Gel(メディ・ジェル)」を開発したことが、医療関係者はもちろんのこと、2ちゃんねるなどでも既に話題となっています。

メディ・ジェルの凄さ


この一瞬で出血を止めるジェルを開発したのは、ニューヨーク大学3年生のジョー・ランドクリフ(20歳)さんと、今年卒業するアイザック・ミラーさんです。

ランドクリフさんは、「このジェルを傷口に注入すれば、すぐに固まって出血が止まる」と語り、実際に、ランドクリフさんは、ブタの腰肉を使ったデモンストレーションのビデオを公開しています。

それを見ると、本物のブタの血を入れてある肉をメスで深く切りつけると、すぐに大量の血が流れ出します。そこに、この「メディ・ジェル」を注入するとあっという間に大量出血が止まってしまうのです。

そして、このメディ・ジェルは常温での保存が可能で、チューブに入れてどこへでも持ち運びが可能なところもこのメディ・ジェルの凄い所です。

難しく言うと、このメディ・ジェルは、人工的に細胞外マトリックスと呼ばれるものを作り出し、これが動物の細胞のように働くことにより、出血が一瞬で止まるということです。

2chでも話題に


この「魔法のような」ジェルは、例えば、2chでは早速、商品化されると止血用の商品を売っている製薬会社にとっては打撃が大きく、そして、このメディ・ジェルが仮に商品化されればその特許の額はすごいのだろうな、と羨んでいたり、このメディ・ジェルが変に固まって脳とか心臓の血管はつまらないのだろうか、などと、その余りの効果に驚きが隠せないようです。

商品化されれば?


このメディ・ジェルが仮に商品化される運びになると、その用途は様々考えられます。いろいろと想像すると楽しいものです。例えば、交通事故などの大量出血時にはこのジェルの効果はてきめんに違いなく、また、このジェル自体が皮膚の一部として機能するので、食べてもたぶん、問題なく、その場合、焼き肉の時にこのジェルを塗って焼けば、肉汁たっぷりのうまそうな焼肉が楽しめるかもしれません。

また、擦り傷が絶えない子供にとっては必需品になるに違いなく、また、このジェルを誰もが持つことで、大量出血で命を落とす割合は急減することも考えられます。

その他に、このジェルが戦場で使用されることが分に考えられます。兵器はロボット兵器が発達して如何に人間自身が殺戮からの関わり方を薄くするのかを現在、米国をはじめ、各国がその開発にしのぎを削っていますが、兵器が無人化する一方で、殺されるのは、ひたすら人間ばかりとなり、そのときに、このジェルが大いに役立つかもしれません。

戦争が科学技術の発展に大きく寄与していることは間違いなく、このジェルも軍事用に転用される可能性が十分に考えられます。例えば、銃で撃たれてもこのジェルを塗れば止血はできます。出血での死は極端に少なくなるのかもしれません。すると、人間はさらに残忍になることが考えられ、一撃必殺の兵器のみの開発競争が白熱しそうです。

何事にも光と影が…


人類史を見れば、新しい技術が開発されれば、その技術が広く行き渡ることになると、その光と影が鮮明になります。例えば、パソコンなどのコンピュータの発達で、インターネット上に誰もが多数の人々に対して自分の意見が言えるようになった半面、ネットでは、「炎上」などと言った醜悪な「感情」のぶつかり合いが生じるなど、人間同士の憎悪を増幅させます。

このメディ・ジェルもまた、商品化されれば、その光と影が鮮明となり、一方で、交通事故などの時に有用ですが、しかし、これが一度戦場で使われることになれば、前述のように、人間はさらに残忍に人を殺す術を発達させるに違いありません。


→楽天でメディ・ジェルは売っているか!?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

前田のつぶやき

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。